工場の求人って体力がなくても大丈夫?

バナー

工場の求人って体力がなくても大丈夫?

工場の求人といっても、女性がたくさん働いているような仕事もありますし、キレイな職場で座ってやるお仕事もあります。

しかし、全体で見ると、基本的には立ち作業ができないと話にならない場合が多いです。

「この仕事は座ってでもできるから私は座ってやろう」なんてことは、基本的には認められません。


また、大きな工場になりますと、様々な部署が存在して、求人に応募する段階では自分がどの部署に配属されるかはわかりません。「体力がないから楽な仕事になるといいな」と思っていても、かなりキツい仕事を与えられてしまうこともあります。

基本的には、自分で働く部署や仕事を選ぶということは認められません。
会社の都合と判断で、配属される部署が決まってしまいます。



しかし、体力がないのにキツい部署に配属されてしまったからといって、すぐに辞めてしまうのは判断が早すぎます。


その部署に配属されたということは、「この人ならできる」と認められたということです。
最初の2週間くらいはキツくて毎日が筋肉痛だったりしますが、その期間を乗り越えればずっと続けられるようになります。


また、最初の2週間は試用期間ですので、いつでも自分の都合で辞めることができます。

よほど希望と違った仕事でない限りは、まずは2週間試しに働いてみることをお勧めします。2週間が過ぎてしまうと、自分の都合で辞めると会社に迷惑がかかる場合もでてきます。


1つの仕事を任せられているので、休んだり辞めたりすると迷惑がかかるということを理解して働きましょう。



辞めるときには1ヶ月前に連絡して、後の人に仕事を引継いでから辞めるのが基本です。

あなたのご要望に応えるOKWaveの情報がわかりやすく紹介されています。

結論としては、工場の求人は体力があったほうが好ましいですが、体力がない人でもできる仕事があったり、もしくは仕事を続けているうちに体力がついてくるので、「だれでもできる仕事です」と紹介されているケースがほとんどになります。